?香川大學とJICA四國との連攜協力の推進に関する覚書の更新調印式が、2021年4月21日13時30分より、香川大學幸町キャンパスのグローバル?カフェを會場に開催されました。

?本覚書は2016年3月に締結され、その後、人材育成事業や地域保健やアグリビジネス等の分野における研修員受入事業、學校保健や母子保健等分野における草の根技術協力事業等において著実に連攜実績が積み上がってきました。この5年間の連攜協力の成果を両機関とも高く評価し、覚書をさらに5年間更新して、両者の連攜協力の一層の強化を目指すことに合意しました。香川大學からは、筧善行學長、片岡郁雄理事?副學長(研究?産官學連攜?教員評価擔當)、城下悅夫副學長(産官學連攜?特命擔當)、德田雅明副學長(國際戦略?グローバル環境整備擔當)他が參加しました。JICA(獨立行政法人國際協力機構)からは、小林秀彌JICA四國センター所長、舩越洋平および山科恵美同所員、紺屋健一JICA國內事業部次長他が參加して対面で行われました。

?出席者の紹介の後に、筧善行學長と小林秀彌JICA四國センター所長から、地域および世界でのグローバル化が進む中で、本覚書締結の意義と事業展開への抱負が述べられました。筧學長からはグローバルマインドを持った學生の育成や、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)への貢獻に、小林所長からは外國人材を受入れて豊かな多文化共生社會を樹立することや、途上國の保健醫療體制の整備を通じたユニバーサル?ヘルス?カバレッジ(UHC)の達成に、両者の連攜が重要であることが強調されました。

?その後、德田副學長から、過去5年間の連攜実績に関してスライドを用いた紹介がありました。香川大學の學生のグローバル教育、留學生受け入れや日本人學生派遣においての指導?協力のほか、國際貢獻として実施しているJICA草の根技術協力事業のカンボジアでの衛生教育改善事業や、タイでの周産期死亡改善事業、さらに短期?長期の研修員受け入れ事業など、多彩で活発な連攜実績が示されました。そして覚書更新後に新規に予定されている事業として、全インド醫科大學からの研修員受け入れや、観光振興分野での課題別研修などが紹介されました。

?最後に、筧善行學長と小林秀彌JICA四國センター所長が、覚書に署名し、記念撮影を行って調印式は無事終了しました。その後、會場に駆けつけた報道関係者から、連攜事業の內容やコロナ禍での活動のあり方など種々の質問があり、関心の高さを示していました。

調印式終了後には、早速參加者が連攜打ち合わせの會議を行い、今年度の事業展開の予定やコロナ対応などの課題について意見交換を行いました。

リンク:

https://www.rnc.co.jp/nnn/news111rmv1ln93gr1z148u.html

https://www.rsk.co.jp/news/rsk20210421-00000279.html