二期目にあたっての抱負

筧學長_.jpg

2021年10月1日より二期目の學長として、國立大學法人香川大學の運営を引き続き指揮させていただきます。おりしも本學を含め全國の國立大學法人は第3期の中期目標期間の最終年度を迎えており、來年度から第4期の6年間が開始されます。この重大な節目にあたり、あらためて香川大學の將來ビジョンを定め、その実現に向かって具體的な目標と計畫を全學一丸となって立てました。約4年前に公表された人工知能を活用した日本の未來予測に基づく政策提言で、「持続可能な地方分散型社會」のみが日本の生き殘りうるシナリオであると報告されました。こうした背景から、本學の第4期中期目標期間におけるビジョンは、「持続可能な地方分散型社會の実現に貢獻する人材の育成と研究の推進」と策定し、知の拠點として地域の活性化と魅力化に貢獻することをあらためて決意しております。

教育に関しては、様々な困難が待ち受ける21世紀社會で、共感力と発想力に富み、しなやかに社會をリードできる人材育成を、全學部生共通の教育目標として継続、発展させます。個々の學生が所屬する學部の専門分野に関する深い知識?技能を身に付けることに加え、異なる學問分野を學ぶ機會を積極的に提供します。また、本學の教育の柱であるDRI教育(デザイン思考、リスク管理、情報?數理?データ科學教育)を全學生にさらに浸透させます。大學院修士課程に関しては、令和4年度より開始します創発科學研究科(教育學?法學?経済學?工學の各研究科を1研究科に統合)を中心に、農學研究科や醫學研究科も參畫し、分野橫斷的な研究を大幅に増加させるとともに、社會人の學び直しに大きく門戸を開く予定です。また、起業をめざす學生に対して、地域マネジメント研究科の支援を得て教育カリキュラムを充実させて支援いたします。今後は、修士課程教育において研究意欲の高い學生の育成に注力するとともに、令和6年度開設予定の創発科學研究科博士課程への進學者を増加させたいと思います。

研究面では、希少糖研究、微細構造デバイス研究、次世代型通信?環境を支えるマテリアル?システム研究など獨創性が高い研究を重點研究に定め、卓越性をさらに高めるべく支援します。一方、地域コミュニティの回復力強化(社會的レジリエンス)や瀬戸內圏の環境?資源問題、包括的健康イノベーションの創出、MaaS (Mobility as a Service)研究など地域課題の解決や資源の持続的な活用などSDGsに資する研究を推進します。これらの研究の多くは、學內の様々な専門分野の研究者の橫のつながりとともに、企業の研究者も協働でイノベーション創出を図ることが必要であり、そのような研究環境を整備する必要があります。すでに設置していますイノベーションデザイン研究所に加え、新しく開設しました大學院創発科學研究科、それに付隨します産學共創研究のためのリサーチファームというプラットフォームを三位一體的に運用し、企業からの研究者の方々と學內の研究者との協働的共創研究をさらに加速化します。

コロナ禍により大學の機能のデジタル化は喫緊の課題となりましたが、本學ではこれを機に、デジタルトランスフォーメーション(DX)を巻き起こすため學內體制をいち早く整え、「デジタルONE戦略」の旗印の下、分散キャンパスにより生じていた學部間のコミュニケーション不足の解消や異なる専門分野の研究者同士の連攜、職員の業務効率化などを推進しております。今後はIRデータに基づいた學內資源の効率的活用をDX化とともに一段と進展させ、科學的な大學運営を推進する所存です。一方、地域の企業や自治體のグローバル化も大學のグローバル化と一體的に取り組むべき課題であります。地域産官學連攜戦略室はインターナショナルオフィスと連攜しながら、香川県の産官學のグローバル化の推進に貢獻する所存です。

最後になりましたが、香川大學がさらに魅力ある學びと開かれた研究の場になるように、そして地域の皆様に愛され、かつ信頼される知の拠點として成長できますように、學內教職員とともに一丸となって精魂を傾ける所存です。皆様の一層のご支援をよろしくお願いいたします。

令和3年10月1日
國立大學法人香川大學長
筧 善行