令和3年秋の敘勲において、長年にわたる教育研究への功績と我が國の學術振興の
発展に寄與された本學名譽教授が瑞寶中綬章を受賞されました。

謹んでお祝い申しあげます。

■瑞寶中綬章 授章者
近藤 浩二 名譽教授 (元香川大學長)

【受章者略歴】

■近藤 浩二 氏

近藤浩二氏は、昭和37年3月京都大學理學部を卒業後、民間企業と公立學校講師の経験を経て、昭和40年4月京都大學大學院理學研究科修士課程に入學し、昭和42年3月同大學大學院を修了と同時に、昭和42年4月に香川大學教育學部の助手に著任し、昭和44年4月教育學部講師、昭和46年4月教育學部助教授、昭和56年4月教育學部教授となられた。平成2年4月より香川大學教育學部附屬教育実踐研究指導センター長、平成5年4月より香川大學評議員、平成5年6月より香川大學教育學部長を歴任した後、平成9年3月より香川大學長に就任し、學長職を2期6年間努め、平成15年2月をもって任期満了により退職された。
同人の永年にわたる功績が認められ,平成15年3月、香川大學名譽教授の稱號を授與され今日に至っている。

 また、平成16年4月から愛媛大學監事(平成19年3月まで)に就任されるなど、引き続き大學運営に參畫するとともに、平成18年7月には設立発起人として、大學発ベンチャー企業である合同會社希少糖生産技術研究所を設立し、平成19年4月同代表社員兼業務執行社員、平成23年5月には組織変更により、株式會社希少糖生産技術研究所を設立、同代表取締役を平成24年6月まで務められた。また平成22年3月、株式會社レアスウィートを設立し、同代表取締役(平成30年3月まで)、平成24年11月、一般財団法人希少糖普及協會を設立し代表理事?會長職を令和2年6月まで務めるなど、産官學の連攜にも手腕を発揮し、希少糖の研究成果を広く社會に発信するとともに、希少糖の生産?販売の促進といった希少糖の事業化にも大きく貢獻されるなど、極めて顕著な功績を殘された。