7月から10月にかけて、各學部において令和3年度研究倫理研修會を開催しました。研修會は、教職員一人ひとりが高い倫理観を保持し、誠実かつ公正に研究活動を展開していくために、毎年度実施しているものです。
今回の研修會では、片岡理事?副學長(研究?産官學連攜?教員評価擔當)が、「公正な研究活動の推進」と題して、事例を交えながら、研究上の不正行為、研究活動に関わる留意事項等について説明しました。また、研究の國際化やオープン化に伴う新たなリスクに対し、リスク管理の観點から今後確保が求められる研究インテグリティ(研究の健全性?公正性)について、情報共有を行いました。引き続き、富永財務部長が「公的研究費の不正使用防止について」と題して、不正使用事案の最近の事例、本學における公的研究費の不正使用防止に関する取組み事例について説明しました。
本年度の倫理研修會には、7回実施した會場説明および録畫データの配信視聴を合わせると約500名の教職員が參加しました。研修會では、出席者から研究倫理や公的研究費の運用に関する質問が寄せられるなど、研究者の関心度の高さがうかがえ、大変意義あるものとなりました。
 不正行為を事前に防止し、公正な研究活動を推進していくため、引き続き、研究倫理教育の徹底、啓発に努めていきます。