社會のグローバル化が刻々と進展している今、多様性の保障や共生が重視されています。そのような中、今後の社會の擔い手となる子どもたちが、様々な文化や価値観等の「ひと?もの?こと」と関わりながら共に豊かに生きることができるようになるために、學校教育においては、異文化への正しい理解や寛容の心の醸成が益々重要になると考えています。また、それらは、他國の文化等を學ぶだけでなく、自國の文化に対する正しい理解と寛容の心の醸成によって、より一層促進されるものと考えています。

そこで、附屬高松小學校では、5?6年生を対象として、日本の文化等に対する理解を深めると共に、豊かな情操を育むことをねらいとして、伝統蕓能である能楽の鑑賞教室を実施することにしました。日本獨自の伝統蕓能である能楽の鑑賞や著付け體験等を通して、子どもたちが、能楽ならではの趣や、永きに渡って受け継がれてきた歴史を肌で感じることを期待しています。

観世流能楽の保存及び普及、伝承者の養成等を行っている公益財団法人片山家能楽?京舞保存財団が來校し、子どもたちと同じフロアの目の前で実演をします。他にも、能楽で用いられる道具の紹介や著付け體験等も行います。

間近で演じられる所作の臨場感や、道具や裝束を手にしたり身に付けたりした時の肌感覚によって、子どもたちは、歴史學習で學ぶ室町時代にタイムスリップしたかのように、能楽の世界に浸ることと思います。今回の能楽教室への參加によって、日本の文化等に対する正しい理解と寛容の心の醸成が図られ、さらには、自國に対する愛著や愛情がより一層育まれることを願います。

〇〇〇〇令和3年10月20日(水)10:55~11:40
〇〇〇〇香川大學教育學部附屬高松小學校 第1體育館
參加児童〇〇5?6年生
〇〇容  
〇能楽の鑑賞
〇道具の紹介
〇裝束の著付け體験

●お問い合わせ先 
香川大學教育學部附屬髙松小學校
副校長 大嶋 和彥
TEL:087-861-7108
E-mail:oshima.kazuhiko@kagawa-u.ac.jp