チェンマイ大學(タイ王國)は、1990年から協定を締結し、ほぼ全ての學部?センターが交流を実施しており、本學の「海外教育研究拠點校」のひとつです。2007年からは、2大學の合同國際シンポジウムを相互の大學で開催し、これまでに7回(2018年開催)を數えています。一方、國立嘉義大學(臺灣)とは、2013年に協定を締結し、複數の學部やセンターが交流を実施しています。2012年から、2大學の合同國際ワークショップを開催しており、やはりこれまでに7回(2019年開催)を數えています。それぞれに十分な成果を挙げてきていましたが、學問分野を拡げて関心を持つ研究者や學生の數を増やすことに加えて、新たな発想での研究の萌芽を目指すために、3大學合同でのシンポジウム開催へと発展させることを決めました。そして合同シンポジウムの名稱も、國連の定めた2030年までに達成すべき目標であるSDGsを3大學が連攜して実施していくことを反映して、「Trilateral Symposium on SDGs」と決めました。第1回Trilateral Symposium on SDGsは、2021年8月30日~9月1日の3日間にわたり、香川大學がホストとして対面で開催すべく準備をしていましたが、新型コロナウィルス感染癥の世界的蔓延により開催が困難となり1年間延期することを決めました。しかし嬉しいことに3大學の熱意が大変強く、連攜推進の盛り上がりを現実化しようということになり、オンラインで第1回Trilateral Symposium on SDGsを開催する流れとなりました。3大學の學長等が參加して連攜を宣する全體セッション、4つの研究分野に分かれたサテライトセッション、そして學生の交流を促す學生セッションの6つのセッションを行いました。

全體セッションは、2021年9月1日(水)15:00~17:00に開催し、3大學及び関連大學の教職員、學生約120名が參加しました。第一部では、3大學長の挨拶に続いて、動畫による大學紹介がありました。その後、Memorandum of Cooperationが締結され、3大學のますますの連攜強化と、次年度以降のシンポジウム開催が約束されました。第二部のディスカッションセッションでは、3大學のSDGsに関連する研究紹介の動畫が流され、國際交流擔當及び研究擔當の副學長を中心に活発な議論がなされました。本シンポジウムを契機として、若手研究者を中心に継続的な共同研究の発展が期待されるものになりました。

サテライトセッションは、8月31日(火)~9月6日(月)にわたり、「Sustainability & Food Session」、「Sustainability & Technology Session」、「Sustainability & Society Session」及び「Sustainability & Health Session」の4セッションが行われました。延べ約200名の教職員及び學生が參加し、分野ごとに活発な議論?質疑応答が行われました。すでに具體的な共同研究の芽が幾つか出てきています。

學生セッションでは、各大學から16~25名の學生、計66名が參加しています。また3大學から數名のスーパーバイザーとコーディネーターが參加しています。學生を5つのチームに分け、1回目(9月1日)はアイスブレーキングとテーマの決定、2回目(9月8日)はテーマのディスカッションとプレゼンの準備を行いました。3回目(9月22日)には、5つのグループが最終プレゼンテーションを行う予定となっています。

以上のように、オンラインで開催した第1回Trilateral Symposium on SDGsは6つのセッションが開催され、約420名を超える參加者がありました。教員?研究者?學生の交流と、具體的な教育?研究面での共同事業を創出するという目的は十分達成できました。