醫學部の上田夏生教授が國際學會で學會賞を受賞したことを受けて、8月18日 學長室にて受賞報告會が行われました。

上田夏生教授(生體分子醫學講座 生化學)は、國際カンナビノイド學會(International Cannabinoid Research Society)で、Mechoulam賞(學會賞)を受賞し、2021年6月21-24日にオンラインで開催された第31回年會で受賞講演を行いました。2000年に創設された同賞を日本人研究者が受賞するのは今回が初めてのことです。

亂用薬物の一種である大麻(マリファナ)の薬理學的研究は、「エンドカンナビノイド?システム」と呼ばれる體內の情報伝達系の発見に繋がり、大麻の精神作用は、大麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分が脳などに存在する受容體に結合し、この情報伝達系を撹亂することで生じます。本學會は650名以上の會員を擁する國際學術団體で、カンナビノイドやエンドカンナビノイド?システム等についての研究の振興を目的としています。
上田教授は、25年以上に渡り、ヒトの體內に存在するマリファナ様物質(エンドカンナビノイド)の合成や分解を觸媒する酵素の解明に取組み、新しい酵素の発見やcDNAクローニングなど、一連の成果が評価されました。

我が國では、若者を中心に大麻の亂用が深刻化する一方、世界各地では鎮痛薬などとして「醫療大麻」の実用化が進んでおり、今後、この分野の學術研究がいっそう重要になると考えられます。

https://new.icrs.co/ICRS2021/ICRS2021/speakers/