2021年5月26日(水)に、香川大學&大學生協 合同留學フェアをオンラインにて開催しました。本イベントは、SIPS(Staff & student Initiative for Promoting Study abroad:香川大學の留學機運を盛り上げたい職員と學生が一體となったチーム)企畫として開催し、コロナ禍でも経験できるオンライン留學に特化した留學プログラムを紹介しました。
 徳田副學長の開會挨拶に続いて、インターナショナルオフィスからは、海外大學へのオンライン留學プログラムの紹介、香川大學生活協同組合の大木 積 様および田中 仁 様からは、生協が企畫するオンライン留學プログラムの紹介がありました。
 今回紹介されたプログラムにはオーストラリアを対象にしたものが多いこともあり、オーストラリアの地理やマナーについてのクイズで一息いれました。
 その後、本學の協定校である、西オーストラリア大學(UWA)英語教育センターの英語プログラム擔當者(Sarahさん、Kate-Lynnさん)がオーストラリアのパースから參加され、英語研修プログラムやアクティビティについて詳細に説明しました。
 さらに、UWAオンライン英語研修プログラムに參加した2名の學生が、參加したきっかけ、プログラムの內容、參加してよかったこと、苦労したこと等について語り、これから留學を考えている學生に向けて「コロナ禍でもオンラインでチャレンジできる機會は整っているので是非ともチャレンジしてほしい」「オンライン留學はとても楽しかったので、皆さんも興味があったら參加してみてください」とメッセージを送りました。
 今回のイベントには本學の學生?教職員等31名の參加がありました。
 學生たちにとって、コロナ禍の2021年が、新しいことにチャレンジできる暑い熱い夏!となることを期待します。

?